ポウジの部屋
12才!...コザクラインコのポウジ♂・毛引き症・自咬症でエリカラ生活していました

僕らは みんな生きている~

連休の月曜日のこと。私…

何年振りかの熱が…39度の

出てしまいました!(ノд-。)

朝から、何だか関節があちこち痛いなぁ~と感じてはいたのです。

でも、てっきり、あの副作用かと、思っていて…。

午後帰宅してから、あまりのからだの痛さで、熱があったことに気付きました。

ひょ~、自分のからだの状態にも、鈍感になってしまってるんですね~

そして昨日 金曜日には、

頭痛で飲んだ薬が、抗生物質との「併用禁忌」であることに気付かず、

ゲボゲボ~(ノд-。) 口からも 全身からも 嘔吐感でいっぱいでした。

みなさんも お薬の併用には、気をつけてくださいませ~!




さて・・・

648.jpg

これは、先週 朝のおさんぽ時に撮った

♪ぼくの血潮~♪です

649.jpg

♪手のひらを太陽に~♪

650.jpg

651.jpg

口ばしも…この写真ではわかりにくいけど、血管が!


この血管の中に流れているものを想像すると、
やっぱり小さい命の「源」を実感します!



生きているのは、カラダだけじゃなく…

心・感情


これは、当たり前のことなんですが

最近、ある2つの記事によって、再度、肝に銘じました。

みなさんは、もうご存じかもしれませんが

1つ目は、びーびさんのページに紹介されていた

「鳥の飼い主への十戒」


2つ目は、お掃除おばさまの「迷子のヨウムさん」の記事を見て

「ケリー」「鳥」で検索し、行きついた、

ケリーちゃんが教えてくれたこと

「40年間ケージの中にいたオウムのケリーちゃんの話」




…涙しました…いろいろな意味の涙

鳥と飼い主との関係・鳥の感情の深さ

その内容を 自分に置きかえると悔いばかりです。

「生きている鳥の心を傷つけてはいけない」

643.jpg


ポウジと、ちいこさんを飼う前にこれを読んでいたら・・・

もっと鳥について勉強していたら・・・

もっと早くブログで、たくさんの鳥さんのことを知っていたら・・・

ちいこさんも 死なずにすんだし、

ポウジは自咬症に ならなかったかも、と悔いました。


でも、悔いてばかりでは、ダメなんですよね!

今、ふたつの話を知ったからこそ、

もっと悔いのないように接していこうと思うことができるんだし、

ここで皆さんに励まされながら、

懺悔の気持ちを ポウジへの愛情に変換できたんだし…。

645.jpg
朝から脱力 の図(笑)


これからも 気負わずに

私なりに 愛情をかけていきたいな、と そう思います。

644.jpg

子どもと一緒で、可愛いけれど、手もかかる、時々いらいらもする…

652.jpg
(咬まれました!)


あとで、「しまった!」と思うこともあるかもしれない、

でも、気持ちを察してやれば、

ちゃんと答えてくれますもんね、キラキラの瞳で!♪

646.jpg


真剣に深く考えたかと思えば

こんなことして、ポウジは、まだ発情するかしら~

なんて試したりしている私ですが、

これからもよろしくお願いします。

653.jpg

ぼくは・・・、ここをピンポンされると

眠くなる~んですよぉ~おかあしゃん♪





ご訪問、ありがとうございました。


にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。