ポウジの部屋
12才!...コザクラインコのポウジ♂・毛引き症・自咬症でエリカラ生活していました

青空の下へ 脱走~

まず、前記事の
「段ボールにおやつを入れてかじらせる」遊び の
その後ですが…

492.jpg

「お母しゃん~ひまわりが、とれません!」
「いい子いい子してください~」

というわけで
取り易くしたところ(これが過保護なんですよね)トホホ

493.jpg

494.jpg

必死!

495.jpg

すごい形相で、ベロベロ運動!

ちょっと手を出したら、ガブっとやられました。

chobirappaさんのいうように最近はワイルドです。

そして、ワイルド現象は、他にも…



実は、今まで、肩に乗せたまま、洗濯物干しを済ませても、

ビビリのため、「部屋にもどりた~い」と

飛んで部屋に戻っていたポウジ。


一昨日も いつものように 肩に乗せ

498.jpg

窓を閉めようと…した時

499.jpg
500.jpg

501.jpg

もう 身の縮まる思いでした… 
(実際は、絵の3倍ぐらいの からだです)

このあたりには、オナガもカラスもいるのですが、

そんな中、本人は、ご機嫌で鳴いている…w(゚o゚)w

502.jpg


あわてて、サンダルつっかけて、隣の庭に手を伸ばし

飛んでいくなよぉ、と願いつつ、

「おいで!」と言って 指を出したところ

503.jpg

と、すんなり戻って来ました…

9年間で、初めての出来事でした。

  油断していました。

良く考えれば、場所は違えど、

最近は 外を眺めることが 日課になっていたポウジ。

心の中では、飛んで行ってみたい、と思っていたのでしょう。

 本当に 反省です。

鳥さんの心も 日々、変化しているのですよね。

その部分を忘れてはいけない、と心に誓いました!



変化といえば

先日、植えた花や野菜も

448.jpg
     
504.jpg


471.jpg
     
505.jpg

こんなに大きくなりました。

他にも こんなものも、食べるようになりました。

491.jpg

心の変化が、食の変化にもつながっているのでしょうか。

鳥さんの 気持ちの変化、を侮ってはいけないですね!

反省、驚きの 日々です。

497.jpg

「お母しゃん、次は何をするか、わかりませんからね!」

「ぼくにも、ワイルドなところがあること、忘れないでください!」


ご訪問、ありがとうございました。

お叱り、お受けいたします。m(__)m



にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ

スポンサーサイト

立てこもり!

ポウジは朝、時間がある時には
カゴから少し出て、身体検査を受けたり、
水浴びしたり、お見送り をしています。

今朝も ちっちゃい兄ちゃんのお見送りを終わり

 さて、ポウジ、カゴへ入ろうね~~と…

いつもなら、おとなしく肩に乗って部屋にもどるはずが、

パタパタ~

485.jpg

下駄箱の上なのですが、初めて乗りました!

 ちょっと~お母さん、まだゴシゴシが残ってるんだよ!

と 焦っておりました。(´-`;)

ゴシゴシとは、これです!

488.jpg

今日は、ちっちゃい兄ちゃんのユニフォーム!
夜中に持って帰って来るので、朝ゴシゴシタイムです。

洗濯板を使っての ゴシゴシ洗濯歴…14年目です。
かなりの運動~になるんですが、
最近は 毎日じゃなく時々に なったせいか… ちっともヤセません!

それは、さておき、ポウジの病院へも行く日でありまして…
とにかく、急いでおりました! 

しかし…私の指にも 背を向け

484.jpg

「いやです!」  

まったく下りてくる気配がありません。

486.jpg

「ぼく、下りたくありません!」

487.jpg

「だって、お母さん、
  さっき病院用のミニケージとバッグ 用意してたじゃないですか!」


と、しばし 立てこもり。(笑)

でも、気が済んだのか、最終的には、差し出した指に乗り カゴへ \(^▽^)/
ϵ( 'Θ' )϶  ϵ( 'Θ' )϶  ϵ( 'Θ' )϶

病院では…

エリカラ後、自分で齧れなくなった爪をカット!
(私は怖くて切ってやれないので ポウジはずっとセルフ爪カットでした)

そして、エリカラのことを 話してみました。

おハゲさんは気にしないことにしているけれど
尾羽に届いてしまい、そこからの出血が、心配なので、
今のものではなく、エリカラのサイズや材質、など 他のものでは、どうなのでしょうか
、と。

先生がおっしゃるには…

 材質的には、柔らかいものだと、セキセイさんとは違い、すぐにボロボロにしてしまう。
 長持ちせず、飼い主さんが、頻繁に病院に来るようになってしまうこと。

 サイズは、これ以上だと 日常生活に支障があるだろうこと。

 出血は、めったには無いだろうから、止まらない時には連れて来ること。
 
 それで 対処していきましょう~♪とのことでした。


私も自分でエリカラ作成など してみようかと思ったりしましたが、
自分では、装着できる自信も無く… (ノд-。)
やはり、いろいろ考えて、先生のおっしゃる通り、お任せすることにしました。

私は 出血が、とても心配だけれど、
ポウジ自身は、このサイズに慣れてきているし、
あらたなエリカラで ストレスが起こるかも、と考えたり…。

想いは尽きません。。。

ϵ( 'Θ' )϶  ϵ( 'Θ' )϶  ϵ( 'Θ' )϶

診察室を出てからも、そんなことをグルグル考えていると

「うちと一緒ですね、同じエリカラ!」

隣の方が、話しかけてくださいました(*^-^)

「今日、エリカラを外すんですよ~」と。

  え~~~エリカラをはずす!!

バッグから、出て来たケースには…ポウジと同じエリカラの子が!!

480.jpg

聞けば、3歳の男の子、エリカラ装着 3か月、だそうです。

481.jpg

ポウジを見て とても 喜んでくれました \(^▽^)

で、ポウジは…といえば

482.jpg

まったく反応がありません。 

これは、年齢のせいだろうか、性格だろうか。




その方からは

「段ボールのすき間に えさを挟んで入れておくと かじって遊んでいますよ!」

   毛引きっ子ならではの おもちゃの工夫も 教えていただき、
 
  「エリカラって外せる日が来るんだ!」という希望もいただき、

明るい気持ちになって、帰って来ることができました!o(^▽^)o

そして帰宅後、これを作成…

483.jpg

さて、遊んでくれるんでしょうか、どうでしょうか (*^-^)

 
 病院では、飼い主さんたちから、話やアドバイス・希望?もいただけて

 ブログと同様、本当に 貴重な場ということをあらためて感じます。


ご訪問、ありがとうございました。


にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ

まったり~♪と ドキドキ!

じゃーん!



467.jpg

これは、「ジガゾーパズル」で作ったポウジ

以前は 購入してきた本人「でっかい兄ちゃん」
の顔だったのですが、鳥の顔もできるかな?と挑戦!

が… 人間の顔のように うまくできませんでした。




 【まったり】

いつも 私にべったりのポウジですが
最近、放鳥して しばらくすると・・・
ある場所に ひとりで 飛んで行くようになりました。

それは、でっかい兄ちゃんの部屋の ま・ど 

何回か、その窓ごしに 外を見せていたら
エリカラを 付けているにも関わらず、

「わぁ~可愛い!」と 小さな子に言われたから!

か、どうか、は わかりませんが (笑)

473.jpg


 「カーテンレールまで 飛んで行き
  私を呼び(誘導) 抱っこしてもらい 外を見る」


これが、日課になってしまいました (*^-^)

474.jpg
 
『夕方になると、窓際に 鳥を抱えて立っているおばさん』

しっかり 変人です!(ノд-。)



475.jpg

そして まったりと

476.jpg

そして うとうと

477.jpg

ぐぅぐぅ~

寝てしまうことがあります。

 ポジオ氏、歳のせいですか?

「違います!」

478.jpg




【ドキドキ】

さて、ポウジの心臓の音をたまに聴いているんですが

(これも 変人ですね)

479.jpg

これでも聴こえるのですが、
呼吸による、おなかの上下音が 邪魔になるので

だいたいは、背中側

470.jpg

聴こえます!

その音を聴いていて・・・想像します

ポウジの中で 休みなく働くちっちゃな心臓
(どれだけ、ちっちゃいんだろ…とか)

羽ばたきをしたあと、息切れしているときの必死な心臓
(はいはい!酸素ですね、送りますよ~とか)

小さな体の中では さらに、動くちーっちゃな臓器が
(鳥の内蔵って? さて、どうなってるの? とか)

ポウジのからだを 透視カメラで のぞくように想像する母でした。

というか、やはり変人? 妄想癖?ですか…(笑)

でも 「一所懸命、生きてるんだよね♪」


そして・・・気まぐれで 音を再現してみました!

こんな速さです。




本日は、変人の部屋に

ご訪問、ありがとうございました m(__)m




にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ


不安なこと…放射能? 【追伸あり】

今回は…ちょっと 自分でも不安な話。


3月の原発事故のあとから
いろいろな本やネットを見聴きして…
原発や放射性物質の怖さを知って来ました。

先日は、放射線量の測定場所の高さが県によってバラバラだったとか、

今は、空気中より 土壌に近い場所の線量値が大切だとか、

原発から離れた場所でも 「ホットスポット」なるものが
存在することもわかりました。

チェルノブイリ事故後の現在も続く、
人体・動物・植物への影響も…

そんな今日の朝

庭の草取りでもしようか、と ふと南天を見ると

460.jpg

枯れてる…

461.jpg

これも、

と…ここまでは 気にしなかったんですが

462.jpg

この中心の葉っぱ

458.jpg

その近くの葉の水の溜まり方と

459.jpg

同じですよね…((((゜д゜;)))

この場所は、半分屋根があるため、
雨もそれほど強く当たらない場所なので
しばらく 雨粒が残っていられる場所なんですよ~

3月15日の放射性物質を多く含んだ空気とその後の雨のせいでしょうか。

そこで、放射能・植物で検索してみると

たんぽぽの異常に背の高い写真が、あったので

庭をチェックすると

463.jpg

ちょっとだけ、高いかも…

464.jpg

ん?高い…

少し離れた側溝のそばの たんぽぽは、というと

465.jpg

高い!!((((゜д゜;))))

やっぱり 土に溜まっているってことでしょうか。

先日、種を植えた 小松菜や大葉やハーブは

雨の日は 雨が当たらない場所に、

水は、水道水を…と一応気にしていました。

(ここの水道水は行田からの水と
 深い場所の地下水を使っているのでちょっとは安心)

庭の状態は、気のせい?

気にしなくていい範囲?

でも、何だか、ちょっと不安です。

471.jpg

「ぼくは、人間じゃないから 大丈夫かも…よ。」

伸びるのをまっておりますが。(*^-^)




【追伸】

ここはポウジの場所なので、書くことを控えていましたが
思うことを書こうと思います。

  3月15日、東京では、
  チェルノブイリ原発事故時に日本に降った量の
  何百・何千倍という濃度の放射性物質が検出されていた。

  このことを公表しようとしたら「パニックを煽る」と
  言われ… 

上記は、5月23日の参議院 行政監視委員会での 
参考人・小出裕章氏の発言内容です。

ネットの生中継では全部は聴けませんでしたが、
その部分だけは、しっかり聴くことができたのでショックでした。

翌日、他の参考人・孫正義氏・石橋克彦氏・後藤政志氏の発言も
当然、TVでは触れず、新聞もほとんど報道ゼロでした。

国は、何故、あの時、原発近くの子どもたちだけでも避難させなかったのか、
そして、他の関東地区の子どもたちに屋外に出ないように、
などの指示をしなかったのか、と思います。

原発近くなくても、現在、放射線量が高い地域の子どもたちは
今からでも 土壌除染や戸外活動の制限など、
何らかの処置をとって欲しいと思います。

検査をしていない地域も 独自にどんどん検査をしてほしい。

それから、野菜・飲料水も事故後、基準値をあげています。
これは、仕方ないけれど…

暫定的(それしか口に入れられなかったら、の値)と言いつつ
いまだに、数値が上がったままです。
ずっと 子どもたちに対しても このままなのでしょうか。


リンク

小出裕章氏発言 - 参議院行政監視委質疑応答 2011年5月23日
http://www.youtube.com/watch?v=mpJOUywcCyo
「3月15日のデータ公表しないように…」の部分は 7分あたり。


「年20ミリSv」撤回を~福島の保護者ら 2011年5月23日
http://www.youtube.com/watch?v=ImxPitl7-a8




ご訪問、ありがとうございました。


にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。