ポウジの部屋
12才!...コザクラインコのポウジ♂・毛引き症・自咬症でエリカラ生活していました

おさんぽうじ~♪

あらあら、更新が滞っていると、スポンサー広告が入るんですねぇ~

先月、今月は2回とボランティアが続いていて
ポウジの部屋は、ずっと留守状態になってしまいました。

ポウジは 相変わらずの エリカラ生活

そして、相変わらずの お母さんべったり生活・・・(-_-;)

そこで、一度 やってみたら、ハマってしまったのが、これ!

120717_1812~01

お散歩です!!

120723_1749~01

と言っても、ワンちゃんのように吠えて訴えるわけではないのですよね。

また、鳴いてせがむ、というわけでもありません。

これがまた、若い鳥さんだったら そうなのかもしれないけれど

ポウジは どうするかというと。


例えば、餌の場合

一旦入って 餌が足りないと、中に入らずに

「おかあしゃーん。引き出しに餌が入ってませんよ~」

IMG_5635.jpg

上に止まって じ~~~~っと こっちを見るわけです。

餌を入れると 入る! ( ̄▽ ̄;)!!

終始無言のまま。



「おかあしゃーん、外・・・いいなぁ~行きたいなぁ~」
IMG_5701.jpg

これも、じ~~~~~っと 外を見る、

そして、私の方を見る。

IMG_5702.jpg

私が わざと離れると、鳴いて 呼ぶ。

そして、じ~~~~~っと 外を見る。

IMG_5651.jpg

振り回されているわけですが、

その間は、エリカラの中に あまり頭を突っ込まないので 安心。

近所では、インコを連れた変なおばさんに なってきそうなので

体調のいい夕方、週2,3にしています。



10歳5ヶ月。。。。長生きして欲しいけれど、

このまま 不自由なエリカラ生活が続くのかな、

苦しい鼻洗浄が続くのかな、と考えたり・・・。


083さまのところの11歳で旅立ったあんじぇさんについてのコメントは

残すことができませんでした・・・

ポウジも、まだ 部屋から部屋へ 飛んで移動はできますが、

睡眠時間・・・運動力が 反比例になってきているこの頃なのです。

ある程度すると、さっさと 自分のカゴに戻って行きますしね。

はい! いい子です。(≧∇≦)











ご訪問、ありがとうございました。\(^o^)/

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。