ポウジの部屋
12才!...コザクラインコのポウジ♂・毛引き症・自咬症でエリカラ生活していました

小鳥にとっての大出血の量

IMG_6097.jpg

はい、今日も放鳥中に突然眠るポウジです。(^.^)

ちょっと書き留めておきたいことがあったので、更新します♪

先日、エリカラ交換と鼻洗浄に行った時のこと。

院長先生がある患者(患鳥)さんの病状について説明していました。
待合室は広くはないので先生の声は私にも聴こえるけれど
それは、きっと他の鳥さん飼いの耳にも届くように、と
説明してくれているんだと思ったのでした^^

病状についてのほかに・・・


小鳥の血液量について。

小鳥の場合、体重の約一割がその鳥の全血液量。

そのまた一割がその鳥にとっての大出血量。

30gの鳥さんの場合・・・

3ccがその子の全血液量。

0.3ccが大出血、ということになる。


その量は たった 6滴・・・w(*゚o゚*)w

だそうだ。。

人間にとっては、たった6滴でも、小鳥にとっては命にかかわる。
ただ、鳥の場合は約一か月で、全血液が新しいものに入れ替わるそうです。
たくましさもあるってことかな。。

私も昨年大出血して、血圧が急激に下がったことがあった・・・
ふらふらになりながら、休み休みかかりつけのお医者さんまで辿り着いたのですが

6滴とは、文鳥さんにとっては、そんな感じなのかな。

ポウジは48gだから、9滴ちょっと。

以前の出血は、毎回かなりの量だったから、
あらためてぞ~っとする。

やっぱり、エリカラは・・・外せそうにない。(ノд-。)

そうそう、最近止まり木で眠らず、エサ箱の上で眠るので、
足が縁に当たるのか、床ずれのような血豆??があります。

IMG_6101.jpg

消えるので心配はしてないですけれどね・・・(;^_^A


ご訪問、ありがとうございました。m(__)m

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。