ポウジの部屋
12才!...コザクラインコのポウジ♂・毛引き症・自咬症でエリカラ生活していました

ごめんね、じゃなくて「12年間、ありがとう」

13日の「お星様・・・」記事を見てくださった方々、コメントを寄せてくださった方々
そして、拍手・ポチしてくださった方々、本当にありがとうございました。m(__)m

ポウジが、たくさんの方に見送られて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

あの日から、5日間・・・

しばらくは、自分のポウジへのすべての選択、
毛引き・自咬症や、エリカラ装着・鼻の炎症への治療に対しての
「○○していなかったら」「○○していたら」 とういう思いに駆られ、
淋しさよりも後悔ばかりが、襲って来てしまいました。

以前の私の対応の浅はかさや、いい加減さを悔いる気持ちや、
短くても自然な痛みのない命もあったんじゃないかという気持ち・・・

特に明け方は、ポウジの苦しみばかりを想像してしまって。。。

昼間は、そこにあるべき姿のない現実で淋しくて淋しくて。。。

大声で泣いてしまったり、物が食べられなくなったり・・・そんな日々でした。(;^_^

けれど、昨日道を歩いている時、急に「お腹が空いた」と、ふと感じられて、

「あ、これは、ちいこさんが亡くなった時のポウジだ!」と気がついたんですよ。

DSC_2570a.jpg

一週間、ずっとちいこさんに対して呼び鳴きをして、ほとんど食べなくなっていたポウジ。。

一週間経って、急にパクパクと食べ始めたポウジ。。

あの時、ポウジは、今の私と同じ気持ちだったんだな、って。。。

きっと、ポウジは、ずっとちいこさんに会いたかったに違いない。
私たち家族のために、私の選択のために、苦しくても、今まで頑張ってくれたに違いない。

人じゃない、ただの鳥、・・・世の中にはそう言う人もいるけど、
こんなに感情豊かで、まわりを温かくしてくれて、何より可愛くて(*^_^*)

ポウジを通して、鳥さんたちがこんなに可愛い存在だと、たくさんの人たちに知ってもらえたかもしれない。

闘病中の鳥さんたちにも、少しでもお役に立てたかもしれない。

涙を流していた息子たちの心にも悲しみだけじゃないものを残してくれたに違いない。

何より、私がとても幸せだった。

ポウジのおかげで、『命』『生きる』という意味を考えることができた。

だから、「ごめんね」じゃなくて、
今まで、私たちに 幸せを感じさせてくれて、「ありがとう」と言いたい。

気持ちに蓋をせず、数日かかりましたが、自然にそう思えるようになりました。

DSC_2554a.jpg

ただ、今はまだポウジのいない空間が淋しくてしかたないから、家族に頼んだことがあります。

①最後に眠っていた押し入れは・・・しばらく開けたままでいさせて。

②ポウジのためにしてきたことが一度に全部無くなるのは淋しいから(;^_^、
 せめて、今まで通り
「ポウジ○○だね!」「ポウちゃん、ただいま~」「ポウたん♪」
 話しかけるけど、お母さんは、おかしくなったわけじゃないから。(*^_^*)

と・・・こんなことを。。。
いい歳して、へんなお母ちゃんです。

きっと これから何度も 淋しさも後悔も、浮かんでは消えてまた浮かぶだろうとは思うけど
今こうして、笑顔にもなれる時間も出来ているのは確かだから、
でも、今も 結局泣いているけれど・・・
我慢しないで、蓋しないで 過ごそうと思います。

ポウジのことを記事にしてくださったスイートピーさん、
http://bonbonchan2006.blog.fc2.com/blog-entry-130.html

ネット上でのたくさんの方からの温かいお言葉の数々、

一生懸命治療に当たってくださった先生方、

友人や家族からの気持ちにも、感謝している現在です。

悲しみを共有していただき、本当に有り難い・・・と心から思います。

そして・・・
かつて、「風の詩プロジェクト」というギターの企画で投稿した「ポウジと共演した動画」があります。
スイートピーさんも覚えていてくださいましたが。
http://www.youtube.com/watch?v=xe-K9iaawn4

その曲を弾きたい、
今一度、同じ曲でポウジをちいこさんのところに送りたいと思い、
その時の動画・今までの写真・イラストも入れて、久しぶりに弾き、動画を作りました。

もし、よかったら・・・
12年間のポウジを見送っていただけたら、幸せです。

私より誰より、ちいこさんのことが大好きなポウジへ。



たくさんの先に旅立った鳥さんたちに誘導してもらいながら、
気の強いちいこさんのところまで、行かれますように。


ご訪問、有難うございました。m(__)m

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ

スポンサーサイト

ポウジ、お星さまになりました

今朝でした。
12歳と一カ月でした。
明日、週一の通院の日でした。

ここ最近は、あまり食欲もなく、ほとんど眠っている毎日でした。
好きなカナリアシードを少し食べるくらいになっていて・・・
それでも、昨日の放鳥前は少し鳴いていました。

手の中で見送ることもできず、最後まで私には悔いの残るものになってしまいましたが
こうして、ブログで紹介できて、多くの方に存在を知っていただけて
ポウジは、幸せだったと思いたいです。

ちいこさんとふたりで、仲良く空の上で過ごしてくれることを願っています。

見守っていただき、応援していただき、
本当に本当に、ありがとうございました・・・

昨日撮った写真です。

DSC_2543.jpg




にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。