ポウジの部屋
12才!...コザクラインコのポウジ♂・毛引き症・自咬症でエリカラ生活していました

止血処置後の新しい尾羽

毛引きの様子

半分ほどさやが残っている筆毛を2本ほど。
痛い痛いと言いながら抜いたようです。声がしていました。
が、かごから出すと危険かもと思う状況の時は出していないので、声かけのみ。


ポウジの尾羽は上から見ても
barabara
横から見ても
barabara2
おなか側から見ても
barabara3
バラバラです。

止血処置で、何度も抜いたため、新しく生えてくる場所が変化してきたようです。
この模様のある羽は↑本来あるべき場所より、おなか側に生えてきています。
でも、抜いてもらわないと出血が止まらない時があるので仕方ないですね。
これでも、前よりも羽が増えてきているんですよ。(^_^;)

足と脇の毛引きは相変わらずですが、
最近は、背中・肩が何やら薄くなってきちゃいました。
sanakagausui
飼い主があまり神経質になるのも良くない、とのことなので…
出血するかもしれない尾羽よりは気にしていません。

私の肩や手から離して遊ぶことも…意図的に増やしています。
guitar
入りたいんだけどぉ~頭が大きすぎて入れないよ、ボク



にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pouji.blog136.fc2.com/tb.php/10-e8f336d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。