ポウジの部屋
12才!...コザクラインコのポウジ♂・毛引き症・自咬症でエリカラ生活していました

毛引き症その2…出血

毛引きの記録

<通院が続く>

ポウジの「出してくれ」鳴き声は大きく長い。
呼び鳴きでもセキセイより大きいのに、この鳴き方は、かなりの騒音になる。
黙らせるためにと、一日中 放鳥するわけにもいかない。
また私自身が、体調の悪くなる日もあり、近所への騒音も気になっていた。

「鳴いてもすぐに出さない」「依存心を減らす」との指導もある。
試行錯誤しつつも、私はイライラを感じるようになっていた。
少し距離を置かなければ…と焦ってもいた。
仕事をしている時は、家にいてもこんなことなかったのに…と。

外ではよく飛ぶよう、遊ぶようになったが、かごの中ではどんなおもちゃでも遊ばない。
そして、あらたに見つかったのが
momoいる状態。
病院から…「毛引きはよくあることだから、お母さんがあまり神経質にならないように」
「出血さえ、しなければ大丈夫ですよ~」

先生はやさしい~

hane
多少、羽は抜いてはいるけれど、先生のおっしゃるように気にしないことにした。
…背中の羽は元に戻ったし…(^◇^)だが、


<とうとう出血>

2010.3月…放鳥直後、床にポタポタと血痕が!        
私の血?いや違う…ポウジだ!
かごから出す時に気がつかなったが、捕まえてみると
chi尾羽から出血!

病院へ行く…「筆毛をいじるようになっちゃったね。」
      「ひとり遊びができないんだったね~」
      「ストレスから、クセになっちゃったかな…」
      「たくさん出血した時は、すぐ連れて来てください。」
      「小鳥にとっては 命とりだから…」


<先生からの説明・処置>
fudege
羽の生え始めから、成長するまで刀のさやのような物に守られた羽。
成長しきるまでは血管が通っているため、途中で折れると出血する。

出血が止まらない場合は、筆毛ごと抜く処置をする。抜けば血は止まる。
3本ほど抜き、ビタミン剤・止血剤をもらう(経口薬)


しばらく小康状態がつづき、また出血!
私の両親が一泊した日だった。
両親の見送りもそこそこに、病院の時間外診療へ

「出血が多かったから、すぐに連れて来てもらってよかった。」
注射で水分を補給・経口投薬・羽を2本抜く。
エリザベスカラーは、あらたなストレスを生むということで付けないことに。
家で止血できるように薬をもらう。


その後、何回か出血。
軽いものは、家で止血剤を付け押さえて止血。心配な時は、車で25分の病院へ行き、抜いてもらう。

べったり
放鳥の時は、とても可愛いのに、どうしてカゴに戻ったとたんに騒ぎだすのだろう。
出さないとまた尾羽をいじって出血が心配。

ずっとかまっていられず、ひっきりなしの大声も私のストレスになっていた。
かごを移動してみたり、運動方法を変えてみたり、おもちゃをいくつも買ったり…

ポウジをどうしていいかわからず、育児の時と同じような感覚だった。
この頃は、体調も悪く、少しノイローゼ気味だったかもしれない。
でも、尾羽の少なくなったポウジを見ると深い反省の日々で…

気持ちが楽になってきたのは、この後、6月頃からだった。

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

大変だったね・・・
オスの場合足の毛を抜くのは、発情してる可能性が高いって聞いた事があるよ。
女の子に乗りやすいように発情のホルモンが活発になるとモモの内側から抜き出すってインコ友達のかかりつけの先生がおっしゃったと聞いた事があります。
女の子に乗りやすいようにらしいんだけど、ほんのうって本当によく出来てるよなぁって思いました。
ちなみに女の子は卵を温めやすいようにおなかの毛を抜くとか・・・

先生はたぶん病気ではなかったから、『よくあること』とおっしゃったんだろうけど、もう少し詳しく教えてくれてもよかったよね。

太ってはいなかったの?
血が出るほど尾羽を噛む子は太ってる子が多い気がするんだけど・・・
肥満も病気じゃないから先生はないも言われないんだろうな。
2010.10.22 19:04 | URL | noharm #LbC7N53Q [edit]
noharmさんへ
>オスの場合足の毛を抜くのは、発情してる可能性が高い

そうなんですかv-12知りませんでした。
時々戻したものをプレゼントされることがあるんですけど…最近はないです。

あと、体重は軽めの45g~46gです。

ありがとうございました。
2010.10.22 19:30 | URL | poujimama #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://pouji.blog136.fc2.com/tb.php/7-a57fbea1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。